投稿

人材育成の超プロが書いた気づく人気づかぬ人

1 当たり前のことを大切に実践する

 

 

アチーブメント株式会社の主席トレーナーである佐藤英郎先生の著書

「人材育成の超プロが書いた気づく人気づかぬ人」を読みました。

 

 

 

人生をよりよい方向にすすめていくための、

ヒントがたくさん記載されている本です。

 

 

この本を読んで、私が得た気づきを紹介させていただきます。

 

 

まず1点目は、「具体的な気づきと実践の積み重ねこそが、

結果的に大きく自分を変えていく原動力になる」ということです。

 

 

気づきがなければ、人は、思考があいまいなままとなり、行動に移せません。

 

 

気づきがあれば、思考が明確になり、行動が変わります。

 

 

実践、行動、実践、行動を繰り返していくことで、

習慣が形成され、成長できます。

 

 

そして、気づきとは、「当たり前のことを当たり前にしっかりとやることです」。

 

 

具体的には、仕事を一生懸命にする、掃除をする、

あいさつをする、約束を守る、履物をそろえる、

感謝する、早寝早起きをする、などです。

 

 

この中で、履物をそろえるとは、心が整い、

仕事でも家庭でも行うことが整い、着実に成果につながるようです。

 

 

「脱ぐときにそろえておくと、履くときに心が乱れない」

 

 

 

履物をそろえる実践をしていきます。

 

 

このような当たり前のことであっても、人は弱い生き物ですから、

ついつい怠ってしまい、意外とできないものです。

 

 

当たり前のことを徹底的に継続していくことで、真の成果に結びつくのです。

 

2 家庭を大切にする

 

 

次に2点目は、「家庭を犠牲にしたビジネスに成功はない」です。

 

 

「家庭とは、自分の人生で価値あるものを生み出し、そして育むところ」

 

 

「家庭とは、一度失ったらそれに替わるものがない、真にかけがえのないもの」

 

 

家庭が安定していれば、仕事はなんとかなりますが、

家庭が不安定では、当然、仕事もうまくいきません。

 

 

自分のことを支えてくれる家族の存在は、当たり前すぎて、

普段意識することはないのですが、改まって考えてみると、

当たり前ではなく、日々、感謝を伝えて、

大切にしなければならない存在なのだと気付かされました。

 

 

自分の仕事を支えてくれているのは、

大切な家族の存在であることを再認識して、

日々、家族に対して、感謝を伝えていきます。

 

3 リーダーシップとは人に対するよい影響力

 

 

そして、3点目は、リーダーシップとは、

人に対するよい影響力」ということです。

 

 

 

リーダーシップという言葉は、抽象的で、

多義的な解釈がいかようにもでき、

私は、この言葉をよく理解できていませんでした。

 

 

佐藤英郎先生の、この定義を知り、

ようやくリーダーシップの本質がわかりました。

 

 

立場に関係なく、人によい影響力を及ぼせば、

リーダーシップを発揮したことになるのです。

 

 

ある人のよい影響力で、別の人の思考や行動がかわれば、

リーダーシップを発揮したことになるわけです。

 

 

今後は、人によい影響力を与えられるリーダーシップを発揮できるように、

日々の行動を顧みて、改善していきたいと思います。

 

 

当たり前の大切さを再認識させてもらえる名著ですので、

紹介させていただきました。

 

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

一歩前に踏み出せる勇気の書

1 努力よりも正しい選択を優先する

 

 

私は、アチーブメント株式会社の「頂点への道講座」を受講し、

成功について学びを深めています。

 

 

アチーブメントの学びを継続している中で、

課題図書として指定されました、

青木仁志先生の「一歩前に踏み出せる勇気の書」を読みましたので、

私の気づきを紹介させていただきます。

 

 

 

1点目の気づきは、「努力よりも正しい選択を優先する」です。

 

 

私は、努力すればなんとかなると思いこんでいた人間でして、

成果がでないときには、努力が足りないと考えていました。

 

 

しかし、努力をしても、間違った方向に向かっていたならば、

当然ですが、成果はでず、徒労に終わってしまいます。

 

 

そこで、正しい選択を優先するわけです。

 

 

正しい選択とは、

今していることが目的・目標の達成にもっとも役立つということ」です。

 

 

自分の目的・目標を明確にした上で、その目的・目標を達成するために、

効果的な行動は何かを考えれば、努力の方向性を誤ることはないわけです。

 

 

 

目的・目標を達成するために効果的か否かという、判断基準があれば、

判断に迷いがなくなり、意思決定のスピードが向上します。

 

 

また、人から誘いを受けても、

目的・目標を達成するために効果的でないと判断すれば、

断ることが容易になります。

 

 

日々の生活で、正しい選択を優先していきます。

 

 

2 自分の役割を明確にする

 

 

2点目の気づきは、

役割を明確にすればするほど、ストレスから解放される」ということです。

 

 

その理由は、「周囲と自分との関係性がはっきりするので、

なすべきことと任せられること、

コントロールできることとできないことの境界線が明確になる」からなのです。

 

 

役割というのは、私であれば、父親であり、弁護士であるということです。

 

 

具体的には、弁護士にしかできない、弁護活動などに集中して、

弁護士以外の人でもできる仕事は、事務局職員に任せるということです。

 

 

自分にしかできない仕事に集中することで、

より高い価値を提供できることにつながるのだと考えます。

 

 

また、自分がコントロールできることに集中できるので、

コントロールできないことのストレスから解放されるわけです。

 

 

 

自分の役割を見つめ直してみます。

 

 

3 運を強くする黄金律

 

 

3つ目の気づきは、運を強くする黄金律は、

人を大事にする。人との絆を大切にする。約束を守る。相手に対して礼を尽くす。」ということです。

 

 

運は、人が運んできてくれるものなので、

周りの人を大切にすることで運がついてくるのです。

 

 

そして、「付き合う人を大事にして、成功している人と接する機会を増やせば、

さらに色々なチャンスが舞い込んできます」。

 

 

付き合う人については、よくよく考えてみることが大切ですね。

 

 

「何事においても、自分がしてほしいと望むことを周りの人たちにもしてあげなさい。

そうすれば巡り巡って、自分のところに戻ってくる」

 

 

 

当たり前のことを愚直に行うことが、運がよくなる近道なのだと考えます。

 

 

やる気と自信を身に着けたいときに、

おすすめの一冊ですので、紹介させていただきました。

 

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

15000人のエリートを指導してわかった装いの影響力

1 末廣徳司さんの紹介

 

 

私のブログ仲間である、経営者専門のスーツ仕立て屋の末廣徳司さんの

初めての著書「15000人のエリートを指導してわかった装いの影響力」を読みました。

 

 

 

末廣さんとお会いした時の第一印象は、

とにかくおしゃれな大人の男性で、

同性から見ても、かっこいいと、素直に憧れました。

 

 

また、末廣さんの語る言葉には説得力が有り、人柄も穏やかで、

話しやすく、服のことで悩んだら、末廣さんに聞くのが一番です。

 

 

私は、弁護士という仕事柄、自分自身が商品なので、

人に信頼される見た目を装う必要があるため、

末廣さんに、相談して、スーツを仕立ててもらいました。

 

 

ファッションの知識に疎い私に対して、末廣さんは、

将来どのような自分になりたいのか、

顧客からどのようにみられたいのか等、的確に質問していただき、

私がなりたい理想の姿を明確にした上で、

素敵なスーツを仕立ててくれました。

 

 

 

末廣さんが仕立ててくれたスーツを着て仕事をすると、

身が引き締まり、自信をもって、仕事にとりくめます。

 

 

そのような、スーツの専門家である末廣さんが、ビジネスマン向けに、

どのような装いをすれば、人によい印象を与えられるのかについて、

わかりやすくまとめた本を出版されましたので、紹介させていただきます。

 

 

2 ビジネスファッションは相手のためにする

 

 

まず、ビジネスファッションは、自分のためにするものではなく、

相手のためにするものであることです。

 

 

自分が着る服によって、相手に対して、

自分は信頼できる人物であることを語らせるわけです。

 

 

人は、見た目が9割と言うように、外見で信頼されないことには、

中身がいくら素晴らしくても、相手にされません。

 

 

自分の中身の価値を正確に伝えるために、

外見である見た目を整える必要があります。

 

 

そして、外見の見た目が整えば、

自分の所作や言葉遣いもよくなります。

 

 

今は、商品やサービスの品質がどれもよくなっていて、

どれを買っても、あまり変わりはありません。

 

 

そのため、何を買うかよりも、誰から買うかが重要になっています。

 

 

誰から買うかの第一関門が、外見の身だしなみなのです。

 

 

 

自分が信頼できる人物であることを表現するためにも、

身だしなみはとても大切なのです。

 

 

3 体型を維持することの大切さ

 

 

次に、服も大事なのですが、自分の体型維持も大事なのです。

 

 

同じ体型を維持していると他人から覚えてもらいやすくなります。

 

 

痩せたり、太ったりすると、別人のようになる人もいて、

覚えにくいことがあります。

 

 

また、同じ体型を維持していると、人に安心感を与えられます。

 

 

写真を見て想像していた人と、実際に会ったら全然違っていた場合、

不信感を抱いてしまいます。

 

 

要するに、体型を維持していると、

人に覚えてもらいやすいメリットがあるのです。

 

 

 

そして、見栄えのよいサイズの服は、

体型の変化をいち早く知らせてくれます。

 

 

食べすぎて、お腹がでてくると、服を着るのがきつくなり、

不快になるので、食べる量を調整するようになります。

 

 

実際に、私も食べすぎて、お腹がでてくると、

末廣さんに仕立ててもらったスーツを着るのがきつくなるので、

食べすぎて、太らないように、食べる量を調整しています。

 

 

素敵なスーツを着続けるために、体型を維持すると、

健康にもなり、一石二鳥ですね。

 

 

ビジネスマンが、ビジネスファッションを勉強するときに、

最初に読むべき本として、最適な一冊ですので、紹介させていただきました。

 

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

あなたのスピーチレベルがあなたの年収を決めている

1 話し方の学校に入学しました

 

 

鴨頭嘉人先生が主催する「話し方の学校」に入学しました。

 

 

話し方の学校の授業が始まる前の事前課題として、

「あなたのスピーチレベルがあなたの年収を決めている」

という本の感想を書くことが、与えられましたので、

この本を読んでえた気付きを、3つ紹介します。

 

 

 

2 伝達力

 

 

1つ目は、ビジネスや人間関係で成功するために、

必要なスキルとして伝達力があります。

 

 

伝達力とは、自分の想いを相手に伝える力です。

 

 

伝達力があれば、自分の考えが相手に伝わり、

相手が自分のことを理解してくれて、

相手に行動の変化が生まれ、自分の目的が達成され、

成功に至るのです。

 

 

この伝達力を磨くためには、どう表現するのかは重要ではありません。

 

 

むしろ、誰のために、何のために、どうやって伝えるのか、を考える、

すなわち、心の矢印を相手に向けるという、

自分のマインドが重要になります。

 

 

このマインドですが、私達が日常どう過ごしているのかがポイントになります。

 

 

日常、私達が考えていること、行っている行動と、発する言葉とが、

ずれてしまうと、相手に想いは伝わりません。

 

 

日常考えていることや実際の行動と発する言葉が合致して、

ようやく、相手に想いが伝わるのです。

 

 

思考と行為と言葉を一致させるという、

自分のマインドを磨くことが、大切なのです。

 

 

話し方の学校では、毎日の宿題があるので、この宿題を通じて、

思考と行為と言葉を一致させるように、自分のマインドを磨いていきます。

 

 

3 チャレンジを楽しむ

 

 

2つ目は、毎日のチャレンジを楽しむです。

 

 

私は、わりと、新しいことにチャレンジするタイプの人間ですが、

ついつい、面倒くさいと思って、後回しにしてしまう、悪い癖があります。

 

 

面倒くさいと思ってしまう背景には、忙しいや、

今の自分には難しいという、自分にとっての言い訳があるからです。

 

 

この本には、チャレンジすることに、一歩踏み出せないときの対処法として、

根拠なく、「それ、簡単♫」と言って、

「楽しい」と感じることが紹介されていました。

 

 

脳は、言葉に反応するので、億劫に思ったことでも、

簡単や楽しいという言葉を発することで、

最初の一歩を踏み出せることができるのです。

 

 

自分の発する言葉をコントロールすることで、

チャレンジの最初の一歩を踏み出せます。

 

 

面倒くさいや難しいと思ったときには、

「それ、簡単♫」、「楽しい」という言葉を、自分に投げかけてみます。

 

 

4 話すことはプレゼント

 

 

3つ目は、話すことはプレゼントであることです。

 

 

 

話すことによって、私達は、聞き手にプレゼントを渡しているのです。

 

 

この考え方は、今までの私にはなかったことなので、とても新鮮に感じました。

 

 

話すことは、自分の考えなどを一方的に伝えるものと理解していた

ふしがあるので、自分の考え方を改善するきっかけを与えられた言葉です。

 

 

話すことはプレゼントであるという、考え方には、先程説明した、

自分のマインドである、心の矢印を相手に向けることが前提になっています。

 

 

心の矢印を相手に向ければ、自分が話すことで、

相手にプラスになること、相手が豊かになることをプレゼントしようと、

思考がまわりはじめ、相手に伝わるように話そうと、意識されます。

 

 

その結果として、相手に伝わる話ができるのだと思います。

 

 

そのため、スタートは、心の矢印を相手に向けるという、

セットアップを常にしてから、その次に話をすることを実践してみます。

 

 

ビジネスや人間関係で、とても大事な伝達力を学べる一冊ですので、

紹介させていただきました。

 

 

今回も最後まで、お読みいただき、ありがとうございます。

精神科医が教える毎日を楽しめる人の考え方

1 遊びの大切さ

 

 

私がメンターとして尊敬している樺沢紫苑先生の最新刊、

「精神科医が教える毎日を楽しめる人の考え方」を読みました。

 

 

 

 

この本のメインテーマは、「遊び」です。

 

 

ビジネス書で、「遊び」に特化した本は珍しく、

さらに、仕事よりも遊びを優先させるべきと、

言い切っているという点で、今までにない、発想を与えてくれます。

 

 

遊びが大切であることを説く本は他にもありますが、

仕事よりも遊びを優先したほうがいいと、説く本は、前例がなく、

チャレンジングな本であるがゆえに、新しい気付きを与えてくれます。

 

 

それでは、この本を読んで、私が得られた気付きをシェアさせていただきます。

 

 

2 入浴の効用

 

 

1つ目の気付きは、「入浴すると時間を得する」という点です。

 

 

私は、日頃から、効率的に情報収集したいと考えている人間でして、

スキマ時間に動画や音声から、情報収集をしています。

 

 

この延長線で、入浴しているときにも、

効率よく情報収集できないかと思い、以前は、

キンドルに防水シートをかぶせて、

入浴中に小説や漫画を読んでいました。

 

 

しかし、入浴中には、電子機器を風呂場に持ち込まない方がいいのです。

 

 

なぜならば、入浴を最も効果的にするには、

入浴中にリラックスすることに集中することにあり、

入浴中に電子機器を使用していると、視覚情報によって、

脳が疲労して、リラックス効果が軽減するからなのです。

 

 

 

 

入浴中は、徹底してリラックスすることが、

最も効果的な入浴方法なのです。

 

 

さらに、入浴してリラックスすることで、

睡眠を深めることができます。

 

 

これまでは、入浴する時間がもったいないと考えていたのですが、

入浴することで、睡眠を深めれば、疲労回復するわけで、

入浴の時間は、パフォーマンスを向上させるのに、

コスパがすこぶるよいのです。

 

 

入浴することで、仕事のパフォーマンスが向上するので、

入浴時間をおしむことなく、しっかりと、

入浴の時間を確保する必要があると学びました。

 

 

日常生活において、入浴時間をしっかりと確保し、

入浴中は、リラックスすることに集中します。

 

 

3 ちょい足し

 

 

2つ目の気付きは、「ちょい足しを楽しむ」です。

 

 

ちょい足しによる楽しみが増えれば、

日常生活に楽しみが増えていき、

幸せを実感しやすくなります。

 

 

この本の出版記念講演の動画を視聴した際に、

編集者の方が、納豆に、ももやのきざみしょうがを入れると、

さっぱりして美味しいとコメントしていました。

 

 

このコメントに触発されて、早速、スーパーできざみしょうがを買い、

納豆に、きざみしょうがを入れて、混ぜて食べると、味がさっぱりして、

確かに美味しさがアップしました。

 

 

このように、普段の食事に、何かの調味料を加えることで、

味が変化し、美味しいをより楽しめることを実感できました。

 

 

調味料で味を変えるという、一工夫が、

普段の食事を楽しいものに変えてくれるのです。

 

 

しかも、調味料は、安いので、楽しみを増やすのに、

コストはかかりません。

 

 

これからは、様々な調味料を試してみたいと思います。

 

 

4 目的意識

 

 

3つ目の気付きは、「目的意識をもって遊ぶ」です。

 

 

ようするに、スキマ時間にスマホをいじっていても、

人生を楽しめないということです。

 

 

 

私は、ついつい、スキマ時間ができると、

スマホを取り出して、SNSの投稿をみて、

暇つぶしをしてしまいます。

 

 

しかし、スキマ時間にスマホをみても、

「あぁ、楽しかっか」ですとか、

「充実したスキマ時間の活用ができた」

と思ったことは、ほとんどないです。

 

 

無目的にスマホを見ても、まったく楽しくないのです。

 

 

ここで問題なのは、「無目的」ということです。

 

 

目的があって、スマホをみるのは、時間効率がよく、

自分が欲しい情報にたどりつき、

その情報を得ることで楽しさを実感できます。

 

 

他方、無目的にスマホをみても、

ただただ、時間を浪費しているにすぎず、

楽しさも何もえられません。

 

 

スキマ時間にスマホをみるときは、

何の目的でスマホを見るのかを自問自答して、

無目的にスマホをみるのを制限してみたいと思います。

 

 

遊びにフォーカスすることで、逆に仕事を効率化できるという、

逆転発想をえられる面白い本です。

 

 

人生をもっと謳歌したい人にとっておすすめの1冊ですので、

ご紹介させていただきました。

 

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

夫婦の愛が一生冷めない5つのレッスン

1 アチーブメントの学び

 

 

私は、アチーブメント株式会社の「頂点への道」講座を受講し、

目標達成の技術や、人間関係の改善について勉強しています。

 

 

このアチーブメントの学びでは、

最も身近な存在である家族との人間関係を、

よりよくするための原理原則を知ることができます。

 

 

アチーブメントの講座の中で、紹介された1冊を読み、

多くの気付きを得られたので紹介します。

 

 

その1冊とは、アチーブメントの主席トレーナーである、

佐藤英郎先生の「夫婦の愛が一生冷めない5つのレッスン」という本です。

 

 

 

この本から、得られた気付きを3つ紹介します。

 

 

2 正しさを押し付けない

 

 

1つ目の気付きは、うまくいっていない夫婦はたいてい、

「私は正しい。あなたが変わるべき」

という考え方にとらわれていることです。

 

 

自分の正しさを押し通しても、夫婦関係はうまくいきません。

 

 

私も、妻とけんかをする時、概ね、私の見解が世間一般的に正しいのですが、

その正しさを押し付けようとすると、かえって、妻は、反発し、

けんかは泥沼にはまっていき、大変なことになります。

 

 

さらにやっかいなことに、私は、弁護士なので、

論理では負けないため、余計にたちが悪いようです。

 

 

妻を論破してみても、いいことがあった、ためしはありません。

 

 

夫婦関係は、勝負ではないのです。

 

 

 

夫婦でよい関係を築くこと、

幸せな生活を送ることを目的に、

自分ばかりが我慢しているのではなく、

夫婦関係をよりよくするためには、

何ができるのかを常に考えて、

行動していくことが大切です。

 

 

自分の性癖として、正しさを押し通そうとするので、

この点をしなやかに修正していきたいです。

 

 

3 欲求充足の邪魔をしない

 

 

2つ目の気付きは、相手の欲求充足の邪魔をしないです。

 

 

人間には、5つの欲求があります。

 

 

5つの欲求とは、

生存の欲求、

愛と所属の欲求、

力の欲求、

自由の欲求、

楽しみの欲求です。

 

 

そして、人それぞれ、どの欲求が強いのかが、異なっているのです。

 

 

例えば、私は、仕事が大好きなので、力の欲求が強いのですが、

妻は、家族とゆっくり過ごしたいので、愛と所属の欲求が強いと考えられます。

 

 

私は、仕事をバリバリがんばりたいのですが、

妻は、夫に家にいてもらいたいので、二人の欲求が衝突するのです。

 

 

この欲求の衝突が、夫婦関係の不和の原因になります。

 

 

ここで大切なことは、相手の欲求充足の邪魔をせずに、

相手の欲求を満たしてあげられているかに気を配ることです。

 

 

例えば、私は、休日のときに、妻が何をしたいのかを聞き、

それを実現できるようにしています。

 

 

妻が友人と食事にいきたいのであれば、

私が子供の面倒をみるといったかたちで、

相手の欲求充足を手助けします。

 

 

 

まだまだ至らない点だらけですが、

相手の欲求は何で、どうやったら、

それを満たしてあげることができるのかを探求していくことで、

夫婦関係はよい方向にすすむと考えます。

 

 

4 最善の行動の選択

 

 

3つ目は、常に人は、最善の行動を選択していることです。

 

 

自分にとっては、どうしてそのような行動をするのか疑問に思えても、

とうの相手方にとっては、最善の行動をしているのです。

 

 

ポイントは、自分の価値基準ではなく、相手方にも価値基準があって、

その価値基準に基づいて、最善の行動をしていると、理解することです。

 

 

この理解があれば、相手方にも、それなりの理由があるから、

このような行動をしているかがわかり、折り合いがとれます。

 

 

妻が不平不満を言うのには、それなりの言い分が必ずあるわけで、

その言い分をしっかり聞くことで、夫婦関係を改善できます。

 

 

「人は常に最善の行動をしている」と思考することで、

自分が選択する行動が変わってくるのです。

 

 

夫婦関係で迷った時に、どう考えて、

どう行動すればいいのかがわかる1冊ですので、ご紹介しました。

 

 

夫婦関係で困ったときに、読んでいただきたい1冊です。

 

 

本日も最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

お金持ち列車の乗り方

1 お金の勉強は大切です

 

 

末岡よしのり氏の「お金持ち列車の乗り方」という本を読みました。

 

 

 

私は、経済的自由を手に入れるためには、

お金の勉強をする必要があると考えて、

最近、お金に関する本を読んでいます。

 

 

弁護士は、法律には詳しいのですが、

お金については、それほど詳しくないので、

お金の勉強をすると、新しい発見があり、

豊になる自分を想像できて、楽しいです。

 

 

そのような経緯で、この本と出会い、

お金持ちになるために必要な心構えや、自分自身のあり方を、

わかりやすく勉強できる名著だと思いましたので、

私の気付きを3点、シェアさせていただきます。

 

 

2 成功者に引き上げてもらう

 

 

1点目は、お金持ち列車に乗るためには、既に成功している人から、

引き上げてもらうことが重要ということです。

 

 

すなわち、人から応援されるような自分になるということだと考えます。

 

 

 

人に応援されるためには、次の5つの条件が必要になります。

 

 

①ひとつのことを10年以上やっている

 

 

②社会に対する愛を持っている

 

 

③家族を大切にしている

 

 

④約束を守る

 

 

⑤嘘をつかない

 

 

どの条件も、人として信頼するに足りるかを見極めるために、重要な要素です。

 

 

人として信頼されない限り、成功してお金持ちになるのは困難といえます。

 

 

人から信頼されるための実践例として、この本には、

初めて会う人のことを事前に調べておくという方法が紹介されていました。

 

 

相手の趣味や特技、興味のあることを情報としてインプットしておくと、

相手と親しくなりやすく、大きなチャンスが舞い込むことがあるのです。

 

 

相手のことを事前に調査しておくと、相手は、

自分が大切にされているように感じ、好感をもってくれるのです。

 

 

私は、忙しさにかまけて、事前の調査を怠っていましたので、

今後は、しっかりと事前調査をしていきます。

 

 

3 成功の扉を開ける4つの鍵

 

 

2点目は、投資で成功するためには、

4つの可能性の扉を開ける鍵が必要という点です。

 

 

①価値の確実性

 

 

②リスク回避

 

 

③ビジネスパートナー選び

 

 

④自己投資

 

 

生半可な知識で投資すると、損をするだけです。

 

 

損をしないためには、お金を支払って、

情報強者と組んで、有益な情報を取得する必要があります。

 

 

自分よりもお金に関する、よい情報をたくさん持っている情報強者と組むことで、

リスクを回避し、不要なお金を支払わなくてよくなります。

 

 

お金持ちになるためには、知識と情報を身につけて、

お金のリテラシーを高めていく必要があります。

 

 

4 ワクワクする生き金を使う

 

 

3点目が、ワクワクする生き金を使うということです。

 

 

 

生き金とは、投資のお金で、死に金とは、浪費のお金です。

 

 

この本には、愛がないお金の使い方は、

すべて死に金であると記載されています。

 

 

心がときめくお金の使い方をすれば、生き金になり、

心がときめかないお金の使い方をすれば、死に金になります。

 

 

自分のときめきという解釈によって、

お金の生き死にが決まるのは、面白い解釈です。

 

 

お金を使うときには、自分の心がときめいているかと自分に問いかけることで、

死に金を減らし、生き金を増やすことに繋げられそうです。

 

 

お金持ちになるための基本を一から、

わかりやすく学べる名著ですので、

紹介させていただきました。

 

 

今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございます。

心を変えれば、世界が変わる

1 原理原則を学ぶ

 

 

鴨頭嘉人先生の著作「心を変えれば、世界が変わる」を読みました。

 

 

 

世界を変えることを信じて、実践を続け、

圧倒的な影響力を持つ、鴨頭先生が説く、成功への道標。

 

 

この世の中の原理原則に従った生き方を、

素直に実践することの大切さを学べます。

 

 

私が、この本を読んで気づいた点を3つ、紹介させていただきます。

 

 

2 心が先で、現実が後

 

 

1点目は、「そう、思ったら、そう」というSOSの原則です。

 

 

この原則は、心に思ったことが現実化するということです。

 

 

 

私達は、成功したいと願っていますが、

心のどこかで、成功できないかもしれないと、

考えてしまいがちです。

 

 

すると、この「成功できないかもしれない」

という思いが現実化してしまうのです。

 

 

否定的な思いが、否定的な現実を、引き寄せてしまうわけです。

 

 

思考が現実化すると、分かっていても、

人間は、どうしても否定的なことを考えてしまいます。

 

 

この壁を突破するためには、自分の想いを信じて、

やってやってやり抜く以外にないのだと思います。

 

 

揺るぎない信念を練り固めるのです。

 

 

「どうせうまくいくに決まっている」と、

自分を信じて、やり抜くのが、成功の秘訣になるのです。

 

 

心が先で、現実は後ということは、日々、

忙しく生活していると忘れてしまいますので、

読書などを通じて、立ち返る必要があると実感しています。

 

 

3 先に与える

 

 

2点目は、お金を喜んで支払うです。

 

 

財布の中からお金が減っていくことに意識が向くと、

マイナスのエネルギーが取り込まれてしまい、

ますます、お金がなくなります。

 

 

 

喜んでお金を支払うと、プラスのエネルギーが取り込まれて、

お金が増えるという、よい循環が生じるのです。

 

 

お金を稼ぐためには、お金を出すことから始めるという、

鴨頭先生の考えは、まことに、理にかなっているのです。

 

 

出すから、入るのです。

 

 

お金を支払うことで、自分の手元に残るお金が、

減ることに意識を向けるのではなく、

お金を支払った先の人々の生活が向上することや、

お金を使うことで、自分が豊かになることをイメージして、

お金を喜んで支払いたいものです。

 

 

これからお金を支払う時に、心の中で、

「お金さん、ありがとうございます」とつぶやいて、

喜んで支払うように実践します。

 

 

4 相手は自分の鏡

 

 

3点目は、子供は親のありのままを映す鏡であることです。

 

 

私は、子供が言うことを聞かなと、ついつい子供を責めていました。

 

 

しかし、子供を責めても、

子供が親の意図したとおりに動くわけではなく、

むしろ、責められたことで、子供は、親に反発し、

よけいに言うことを聞かなくなります。

 

 

子供が言うことを聞かなくても、子供を責めるのではなく、

原因は親にあると自覚して、自分の言動や心持ちを改善することが重要なのです。

 

 

子供が言うことを聞かなくても、イライラせずに、

子供を信じて、待つのです。

 

 

これくらい度量を広く持てば、

親子の関係は良好になります。

 

 

これまで、自分の感情の赴くまま、

子供を責めていたことを反省しました。

 

 

子供を責める前に、自分はできているのか、

自分に改善すべき点がないかを、顧みることを習慣にします。

 

 

ついついおろそかにしがちな、心の世界の大切さを、

わかりやすく解説してくれている名著です。

 

 

成功を求める多くの人に、読んでもらいたい一冊です。

 

 

本日も、お読みいただき、ありがとうございます。

超訳ベンジャミン・フランクリン

1 ベンジャミン・フランクリンとは

 

 

青木仁志先生の著書、「超訳ベンジャミン・フランクリン」

という本を読みました。

 

 

 

ベンジャミン・フランクリンは、

12歳で印刷工見習いとして、社会に出て、

印刷業で成功を収め、政治家となり、

アメリカ独立宣言の起草委員のひとりとして、

アメリカ建国の父と言われる偉人です。

 

 

ベンジャミン・フランクリンは、

その生涯に様々な名言を残しており、

デール・カーネギーやイーロン・マスク

といった偉大な人物に多大な影響を与えています。

 

 

この本に出会うまで、私は、ベンジャミン・フランクリンのことを、

よく知らなかったのですが、第二の天性といわれる習慣の力を活用して、

自分の弱さを克服して、成功した、

素晴らしい人物であることを知り、すっかりファンになりました。

 

 

この本は、ベンジャミン・フランクリンが残した数々の名言について、

青木先生が、その名言に残されている深い意味を、

わかりやすく解説してくれていますので、とても勉強になります。

 

 

ここからは、私の心に残った名言を3つ、紹介させていただきます。

 

 

2 学びに投資する

 

 

まず1つ目は、「知識への投資が最高の利子を生む」です。

 

 

よく、自分への投資が、最高の投資と言われます。

 

 

 

自分に知識がなければ、何も成し遂げることはできませんし、

むしろ、損失を被ることがあります。

 

 

例えば、人間関係において、相手のことを知れば、

よき関係を築けますが、知らなければ、

トラブルに巻き込まれて損をすることがあります。

 

 

人間関係をよくする知識を身につければ、

困ることは減り、楽しく生きられるのです。

 

 

「無知はコスト」

 

 

今後とも、学び続けていくことの大切さを、教えてくれた名言でした。

 

 

3 相手を許す

 

 

2つ目は、「結婚の前に目をよく開けておき、結婚後に半分目を閉じなさい」です。

 

 

私が注目したのは、後段の「半分目を閉じる」です。

 

 

この意味は、「互いに許し合え」という意味です。

 

 

夫婦関係に限らず、あらゆる人間関係において、

自分の正しさを押し付けて、相手を許すことができずに、

関係が悪化することがあります。

 

 

自分の正しさは、相手にとって正しいとは限りません。

 

 

なぜならば、人は、それぞれに異なる価値観を持っているので、

人によって正しさも異なるからです。

 

 

そのため、正しさを人に押し付けるのではなく、

相手を許すことを優先すべきと学びました。

 

 

私は、未熟なので、すぐに人を許すことができませんが、

少し冷静になれば、人を許すことができるようになってきました。

 

 

人を許せる人間になりたいものです。

 

 

4 お金で時間を買う

 

 

3つ目は、「時間の浪費は頭と財産を貧困にする」です。

 

 

 

言い換えれば、お金で時間を作り出す、ということです。

 

 

お金とは、時間を買うための道具なのです。

 

 

自分が得たお金を人に与えて、自分の余剰時間を生み出し、

人よりも多くの時間を稼ぐのです。

 

 

自分の時間を多く確保するために、お金を喜んで、人に与える。

 

 

信頼できる人にお金を与えて、自分は、自由な時間を手に入れるのです。

 

 

お金と時間の使い方を見直すきっかけを与えてくれた名言です。

 

 

多くの人に、気づきを与える名言と、

そのわかりやすい解説が記載されている名著ですので、

おすすめの一冊です。

 

 

本日もお読みいただき、ありがとうございます。

あなたは絶対運がいい

1 鴨頭嘉人先生のボイシー

 

 

私は、最近、鴨頭嘉人先生のボイシーを毎朝聞きながら通勤しています。

 

 

毎朝10分間、鴨頭嘉人先生の明るく前向きな発信を聞くことで、

一日の働くエネルギーを充電させています。

 

 

この鴨頭嘉人先生のボイシーで紹介されていたのが、

浅見帆帆子氏の「あなたは絶対運がいい」という本です。

 

 

 

鴨頭嘉人先生が独立したころに何度も読み返していた本のようなので、

早速購入してみました。

 

 

2 プラスのパワーを増やす

 

 

本のタイトルのとおり、自分の思考次第で、自分の運はよくなるのです。

 

 

まわりの事柄に関係なく、積極的に、

自分の心の中をプラスのパワーでいっぱいにすると、

自分のまわりにあるマイナスの問題や悩みを解決してくれるのです。

 

 

自分の思考をプラスにして、プラスのパワーを増やしていくのです。

 

 

 

プラスのパワーを増やすための具体的な方法として、

次のことが記載されています。

 

 

・日常生活の小さなことにイライラしたり、文句を言ったりしない。

 

 

・いつも笑顔で過ごす。

 

 

・家族や友人、身近な人と円満に過ごす。

 

 

・まわりの人に寛大になる、思いやる、親切にする。

 

 

・その時、目の前にあることに全力を尽くす。

 

 

・自分の行いをよくする。

 

 

・自分の行いを振り返る。

 

 

自分の中の小さな心構え、人に優しく穏やかになろうという意識が

プラスのパワーをつくることにつながるのです。

 

 

プラスのパワーを増やすことで、

自分の頭や心にあるマイナスをおいだしていくのです。

 

 

3 うまくいくと思い込む

 

 

自分の思考をプラスにするためには、

絶対にうまくいくと思い込むことも必要です。

 

 

声に出して信じ込む方法は、

思わず浮かんでしまった心配をかき消す時に効果的です。

 

 

人はついつい余計な心配をしてしまうものですが、

そんなときには、お腹のあたりにぐっと力を込めて、

「大丈夫、絶対うまくいく」と声に出して繰り返すといいのです。

 

 

声に出すというのがポイントで、自分の発した声を自分の耳で受信して、

自分の思考や心に浸透させることで、

プラスのパワーが活性化するのだと考えます。

 

 

心配や不安にかられたときには、「大丈夫、絶対にうまくいく」と声に出して、

自分を鼓舞していきます。

 

 

声に出すことで、不思議と自分の気持ちが前向きになることを実感しています。

 

 

4 精神レベルを上げる

 

 

このように、プラスのパワーを蓄えていくと、自分の精神レベルがあがります。

 

 

 

小さなことで愚痴や文句を言わない、余計な心配をしない、

理想の状態を思い描くこと、絶対うまくいくと信じ込むこと、

身の回りのおこないに気をつけること、マイナスの言葉を口にしないこと、

目の前のことに全力を尽くすこと。

 

 

これらのことを日々実践していくことで、精神レベルを上げることができます。

 

 

そして、精神レベルを上げることで、

自分の理想を実現させることができるのです。

 

 

運をよくするにはどうすればいいかがわかりやすく具体的に記載されているので、

おすすめの一冊です。

 

 

本日もお読みいただき、ありがとうございます。