人材育成の超プロが書いた気づく人気づかぬ人

1 当たり前のことを大切に実践する

 

 

アチーブメント株式会社の主席トレーナーである佐藤英郎先生の著書

「人材育成の超プロが書いた気づく人気づかぬ人」を読みました。

 

 

 

人生をよりよい方向にすすめていくための、

ヒントがたくさん記載されている本です。

 

 

この本を読んで、私が得た気づきを紹介させていただきます。

 

 

まず1点目は、「具体的な気づきと実践の積み重ねこそが、

結果的に大きく自分を変えていく原動力になる」ということです。

 

 

気づきがなければ、人は、思考があいまいなままとなり、行動に移せません。

 

 

気づきがあれば、思考が明確になり、行動が変わります。

 

 

実践、行動、実践、行動を繰り返していくことで、

習慣が形成され、成長できます。

 

 

そして、気づきとは、「当たり前のことを当たり前にしっかりとやることです」。

 

 

具体的には、仕事を一生懸命にする、掃除をする、

あいさつをする、約束を守る、履物をそろえる、

感謝する、早寝早起きをする、などです。

 

 

この中で、履物をそろえるとは、心が整い、

仕事でも家庭でも行うことが整い、着実に成果につながるようです。

 

 

「脱ぐときにそろえておくと、履くときに心が乱れない」

 

 

 

履物をそろえる実践をしていきます。

 

 

このような当たり前のことであっても、人は弱い生き物ですから、

ついつい怠ってしまい、意外とできないものです。

 

 

当たり前のことを徹底的に継続していくことで、真の成果に結びつくのです。

 

2 家庭を大切にする

 

 

次に2点目は、「家庭を犠牲にしたビジネスに成功はない」です。

 

 

「家庭とは、自分の人生で価値あるものを生み出し、そして育むところ」

 

 

「家庭とは、一度失ったらそれに替わるものがない、真にかけがえのないもの」

 

 

家庭が安定していれば、仕事はなんとかなりますが、

家庭が不安定では、当然、仕事もうまくいきません。

 

 

自分のことを支えてくれる家族の存在は、当たり前すぎて、

普段意識することはないのですが、改まって考えてみると、

当たり前ではなく、日々、感謝を伝えて、

大切にしなければならない存在なのだと気付かされました。

 

 

自分の仕事を支えてくれているのは、

大切な家族の存在であることを再認識して、

日々、家族に対して、感謝を伝えていきます。

 

3 リーダーシップとは人に対するよい影響力

 

 

そして、3点目は、リーダーシップとは、

人に対するよい影響力」ということです。

 

 

 

リーダーシップという言葉は、抽象的で、

多義的な解釈がいかようにもでき、

私は、この言葉をよく理解できていませんでした。

 

 

佐藤英郎先生の、この定義を知り、

ようやくリーダーシップの本質がわかりました。

 

 

立場に関係なく、人によい影響力を及ぼせば、

リーダーシップを発揮したことになるのです。

 

 

ある人のよい影響力で、別の人の思考や行動がかわれば、

リーダーシップを発揮したことになるわけです。

 

 

今後は、人によい影響力を与えられるリーダーシップを発揮できるように、

日々の行動を顧みて、改善していきたいと思います。

 

 

当たり前の大切さを再認識させてもらえる名著ですので、

紹介させていただきました。

 

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

一歩前に踏み出せる勇気の書

1 努力よりも正しい選択を優先する

 

 

私は、アチーブメント株式会社の「頂点への道講座」を受講し、

成功について学びを深めています。

 

 

アチーブメントの学びを継続している中で、

課題図書として指定されました、

青木仁志先生の「一歩前に踏み出せる勇気の書」を読みましたので、

私の気づきを紹介させていただきます。

 

 

 

1点目の気づきは、「努力よりも正しい選択を優先する」です。

 

 

私は、努力すればなんとかなると思いこんでいた人間でして、

成果がでないときには、努力が足りないと考えていました。

 

 

しかし、努力をしても、間違った方向に向かっていたならば、

当然ですが、成果はでず、徒労に終わってしまいます。

 

 

そこで、正しい選択を優先するわけです。

 

 

正しい選択とは、

今していることが目的・目標の達成にもっとも役立つということ」です。

 

 

自分の目的・目標を明確にした上で、その目的・目標を達成するために、

効果的な行動は何かを考えれば、努力の方向性を誤ることはないわけです。

 

 

 

目的・目標を達成するために効果的か否かという、判断基準があれば、

判断に迷いがなくなり、意思決定のスピードが向上します。

 

 

また、人から誘いを受けても、

目的・目標を達成するために効果的でないと判断すれば、

断ることが容易になります。

 

 

日々の生活で、正しい選択を優先していきます。

 

 

2 自分の役割を明確にする

 

 

2点目の気づきは、

役割を明確にすればするほど、ストレスから解放される」ということです。

 

 

その理由は、「周囲と自分との関係性がはっきりするので、

なすべきことと任せられること、

コントロールできることとできないことの境界線が明確になる」からなのです。

 

 

役割というのは、私であれば、父親であり、弁護士であるということです。

 

 

具体的には、弁護士にしかできない、弁護活動などに集中して、

弁護士以外の人でもできる仕事は、事務局職員に任せるということです。

 

 

自分にしかできない仕事に集中することで、

より高い価値を提供できることにつながるのだと考えます。

 

 

また、自分がコントロールできることに集中できるので、

コントロールできないことのストレスから解放されるわけです。

 

 

 

自分の役割を見つめ直してみます。

 

 

3 運を強くする黄金律

 

 

3つ目の気づきは、運を強くする黄金律は、

人を大事にする。人との絆を大切にする。約束を守る。相手に対して礼を尽くす。」ということです。

 

 

運は、人が運んできてくれるものなので、

周りの人を大切にすることで運がついてくるのです。

 

 

そして、「付き合う人を大事にして、成功している人と接する機会を増やせば、

さらに色々なチャンスが舞い込んできます」。

 

 

付き合う人については、よくよく考えてみることが大切ですね。

 

 

「何事においても、自分がしてほしいと望むことを周りの人たちにもしてあげなさい。

そうすれば巡り巡って、自分のところに戻ってくる」

 

 

 

当たり前のことを愚直に行うことが、運がよくなる近道なのだと考えます。

 

 

やる気と自信を身に着けたいときに、

おすすめの一冊ですので、紹介させていただきました。

 

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

徳田弁護士が退職代行の記事の監修をしました

徳田弁護士が、退職代行OITOMAの記事を監修しました。

 

こちらのサイトからご覧ください。

 

https://o-itoma.jp/

https://o-itoma.jp/supervisor/

15000人のエリートを指導してわかった装いの影響力

1 末廣徳司さんの紹介

 

 

私のブログ仲間である、経営者専門のスーツ仕立て屋の末廣徳司さんの

初めての著書「15000人のエリートを指導してわかった装いの影響力」を読みました。

 

 

 

末廣さんとお会いした時の第一印象は、

とにかくおしゃれな大人の男性で、

同性から見ても、かっこいいと、素直に憧れました。

 

 

また、末廣さんの語る言葉には説得力が有り、人柄も穏やかで、

話しやすく、服のことで悩んだら、末廣さんに聞くのが一番です。

 

 

私は、弁護士という仕事柄、自分自身が商品なので、

人に信頼される見た目を装う必要があるため、

末廣さんに、相談して、スーツを仕立ててもらいました。

 

 

ファッションの知識に疎い私に対して、末廣さんは、

将来どのような自分になりたいのか、

顧客からどのようにみられたいのか等、的確に質問していただき、

私がなりたい理想の姿を明確にした上で、

素敵なスーツを仕立ててくれました。

 

 

 

末廣さんが仕立ててくれたスーツを着て仕事をすると、

身が引き締まり、自信をもって、仕事にとりくめます。

 

 

そのような、スーツの専門家である末廣さんが、ビジネスマン向けに、

どのような装いをすれば、人によい印象を与えられるのかについて、

わかりやすくまとめた本を出版されましたので、紹介させていただきます。

 

 

2 ビジネスファッションは相手のためにする

 

 

まず、ビジネスファッションは、自分のためにするものではなく、

相手のためにするものであることです。

 

 

自分が着る服によって、相手に対して、

自分は信頼できる人物であることを語らせるわけです。

 

 

人は、見た目が9割と言うように、外見で信頼されないことには、

中身がいくら素晴らしくても、相手にされません。

 

 

自分の中身の価値を正確に伝えるために、

外見である見た目を整える必要があります。

 

 

そして、外見の見た目が整えば、

自分の所作や言葉遣いもよくなります。

 

 

今は、商品やサービスの品質がどれもよくなっていて、

どれを買っても、あまり変わりはありません。

 

 

そのため、何を買うかよりも、誰から買うかが重要になっています。

 

 

誰から買うかの第一関門が、外見の身だしなみなのです。

 

 

 

自分が信頼できる人物であることを表現するためにも、

身だしなみはとても大切なのです。

 

 

3 体型を維持することの大切さ

 

 

次に、服も大事なのですが、自分の体型維持も大事なのです。

 

 

同じ体型を維持していると他人から覚えてもらいやすくなります。

 

 

痩せたり、太ったりすると、別人のようになる人もいて、

覚えにくいことがあります。

 

 

また、同じ体型を維持していると、人に安心感を与えられます。

 

 

写真を見て想像していた人と、実際に会ったら全然違っていた場合、

不信感を抱いてしまいます。

 

 

要するに、体型を維持していると、

人に覚えてもらいやすいメリットがあるのです。

 

 

 

そして、見栄えのよいサイズの服は、

体型の変化をいち早く知らせてくれます。

 

 

食べすぎて、お腹がでてくると、服を着るのがきつくなり、

不快になるので、食べる量を調整するようになります。

 

 

実際に、私も食べすぎて、お腹がでてくると、

末廣さんに仕立ててもらったスーツを着るのがきつくなるので、

食べすぎて、太らないように、食べる量を調整しています。

 

 

素敵なスーツを着続けるために、体型を維持すると、

健康にもなり、一石二鳥ですね。

 

 

ビジネスマンが、ビジネスファッションを勉強するときに、

最初に読むべき本として、最適な一冊ですので、紹介させていただきました。

 

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

徳田弁護士が監修した退職代行についての記事を紹介します

徳田弁護士が監修した、「となりのいろは」というサイトに掲載されている、退職代行についての記事が公開されました。

 

退職で悩まれている方に役立つ情報が記載されていますので、退職を考えている方は、ぜひ一読してみてください。

 

https://www.trenders.co.jp/do/iroha/leaving-agency-service/

徳田弁護士の記事が弁護士ドットコムニュースに掲載されました8

徳田弁護士の高齢者の労災問題に関する記事が弁護士ドットコムニュースに掲載されました。

 

下記のURLにアクセスしていただきますと、記事を閲覧できます。

 

https://www.bengo4.com/c_5/n_14586/

あなたのスピーチレベルがあなたの年収を決めている

1 話し方の学校に入学しました

 

 

鴨頭嘉人先生が主催する「話し方の学校」に入学しました。

 

 

話し方の学校の授業が始まる前の事前課題として、

「あなたのスピーチレベルがあなたの年収を決めている」

という本の感想を書くことが、与えられましたので、

この本を読んでえた気付きを、3つ紹介します。

 

 

 

2 伝達力

 

 

1つ目は、ビジネスや人間関係で成功するために、

必要なスキルとして伝達力があります。

 

 

伝達力とは、自分の想いを相手に伝える力です。

 

 

伝達力があれば、自分の考えが相手に伝わり、

相手が自分のことを理解してくれて、

相手に行動の変化が生まれ、自分の目的が達成され、

成功に至るのです。

 

 

この伝達力を磨くためには、どう表現するのかは重要ではありません。

 

 

むしろ、誰のために、何のために、どうやって伝えるのか、を考える、

すなわち、心の矢印を相手に向けるという、

自分のマインドが重要になります。

 

 

このマインドですが、私達が日常どう過ごしているのかがポイントになります。

 

 

日常、私達が考えていること、行っている行動と、発する言葉とが、

ずれてしまうと、相手に想いは伝わりません。

 

 

日常考えていることや実際の行動と発する言葉が合致して、

ようやく、相手に想いが伝わるのです。

 

 

思考と行為と言葉を一致させるという、

自分のマインドを磨くことが、大切なのです。

 

 

話し方の学校では、毎日の宿題があるので、この宿題を通じて、

思考と行為と言葉を一致させるように、自分のマインドを磨いていきます。

 

 

3 チャレンジを楽しむ

 

 

2つ目は、毎日のチャレンジを楽しむです。

 

 

私は、わりと、新しいことにチャレンジするタイプの人間ですが、

ついつい、面倒くさいと思って、後回しにしてしまう、悪い癖があります。

 

 

面倒くさいと思ってしまう背景には、忙しいや、

今の自分には難しいという、自分にとっての言い訳があるからです。

 

 

この本には、チャレンジすることに、一歩踏み出せないときの対処法として、

根拠なく、「それ、簡単♫」と言って、

「楽しい」と感じることが紹介されていました。

 

 

脳は、言葉に反応するので、億劫に思ったことでも、

簡単や楽しいという言葉を発することで、

最初の一歩を踏み出せることができるのです。

 

 

自分の発する言葉をコントロールすることで、

チャレンジの最初の一歩を踏み出せます。

 

 

面倒くさいや難しいと思ったときには、

「それ、簡単♫」、「楽しい」という言葉を、自分に投げかけてみます。

 

 

4 話すことはプレゼント

 

 

3つ目は、話すことはプレゼントであることです。

 

 

 

話すことによって、私達は、聞き手にプレゼントを渡しているのです。

 

 

この考え方は、今までの私にはなかったことなので、とても新鮮に感じました。

 

 

話すことは、自分の考えなどを一方的に伝えるものと理解していた

ふしがあるので、自分の考え方を改善するきっかけを与えられた言葉です。

 

 

話すことはプレゼントであるという、考え方には、先程説明した、

自分のマインドである、心の矢印を相手に向けることが前提になっています。

 

 

心の矢印を相手に向ければ、自分が話すことで、

相手にプラスになること、相手が豊かになることをプレゼントしようと、

思考がまわりはじめ、相手に伝わるように話そうと、意識されます。

 

 

その結果として、相手に伝わる話ができるのだと思います。

 

 

そのため、スタートは、心の矢印を相手に向けるという、

セットアップを常にしてから、その次に話をすることを実践してみます。

 

 

ビジネスや人間関係で、とても大事な伝達力を学べる一冊ですので、

紹介させていただきました。

 

 

今回も最後まで、お読みいただき、ありがとうございます。

眠る投資~ハーバードが教える世界最高の睡眠法~

1 睡眠は投資

 

 

人間にとって、生存の欲求を満たすためには、健康である必要があります。

 

 

この健康を守るためには、睡眠が必須です。

 

 

変化が目まぐるしい、情報爆発の時代には、睡眠がおろそかになりがちです。

 

 

睡眠をよくすることで、日中のパフォーマンスを向上させることができるので、

睡眠について、勉強することが大切だと思っています。

 

 

そこで、睡眠について、おすすめの一冊をご紹介します。

 

 

「眠る投資~ハーバードが教える世界最高の睡眠法~」という本です。

 

 

 

睡眠を投資と捉えて、日中のパフォーマンスをよくするために、

睡眠をどのようにして改善していけばいいのかについての、

ノウハウがたくさんつまった一冊です。

 

 

この本を読んで、私が気づいたことを3つ、ご紹介します。

 

 

2 起床時間を一定に保つ

 

 

まず、1つ目は、起きる時間を一定にしたほうが身体のリズムが整うことです。

 

 

休みの日は、ついつい、いつもよりも、遅く起きてしまいがちですが、

起きる時間をずらさない方がいいようです。

 

 

休みの日は、普段起きる時間のプラスマイナス

1時間以内に起きるのがいいようです。

 

 

多く寝たいときは、寝る時間を早めることで対処するのです。

 

 

 

確かに、休日に、多く寝ても、あまりスッキリしないのは、

起きる時間をずらしたからなのかもしれません。

 

 

また、夜に眠れないときには、無理に寝ようとして、

布団の中に入っている必要はなく、いっそ、布団から出て、

読書などをしていたほうが、睡眠圧が高くなって、

パッと眠れるようになるようです。

 

 

私は、旅行などで、布団やまくらが変わると眠りにくいのですが、

眠れないときには、布団から出て、本を読んでみます。

 

 

3 マインドフルネスに食事をする

 

 

2つ目は、マインドフルネスに食事をすることです。

 

 

睡眠を整えるためには、食事が重要になります。

 

 

この本には、トリプトファンが多く含まれている食材を食べるなど、

食事の大切さが解説されているところ、私には、

マインドフルネスに食事をすることが印象に残りました。

 

 

自分の身体は、食事として何を求めているのかを意識して、食べます。

 

 

そして、実際に食べてみて、

自分の身体がおいしく食べられているかを、確認します。

 

 

食事をしている、今ここに焦点を合わせて、

舌に集中して、おいしいと感じるかをセルフチェックする。

 

 

 

マインドフルネスに食事をすることで、自分の身体と対話をして、

自分の身体が何を欲しているのかを把握して、

身体の調子を整えることに繋がるのだと考えます。

 

 

4 脳の使い方

 

 

3つ目は、脳の使い方として、大きな仕事は分割して、

ちょっとやってみるということです。

 

 

大きな仕事から始めると、億劫になって、仕事がはかどらないので、

まずは簡単な仕事から始めて、脳を仕事モードにすることができるのです。

 

 

時間がかかる作業でも、今日は、この部分だけをやろうということで、

仕事を小さくすることで、取り掛かりにくいというハードルを下げられます。

 

 

また、キリが悪いところで、休憩するのがいいようです。

 

 

キリのよいところまで仕事をすると、脳は、仕事が終わったと考えて、

また一から集中力をあげないといけなくなり、効率が悪いのです。

 

 

仕事に集中していて、キリが悪いところで休憩することで、

休憩後も、集中力を維持できて、効率よく仕事ができるようです。

 

 

確かに、キリが悪いところで休憩しても、

問題なく、仕事に集中することができます。

 

 

このように、ビジネスマンにとって、

睡眠についての新しい気付きを得られる、

良書ですので、紹介させていただきました。

 

 

本日も、お読みいただき、ありがとうございました。

 

徳田弁護士のコメントが弁護士ドットコムニュースに掲載されました

弁護士ドットコムニュースの、ディズニーパワハラ裁判における記事に、徳田弁護士のコメントが掲載されました。

 

https://www.bengo4.com/c_5/n_14318/

精神科医が教える毎日を楽しめる人の考え方

1 遊びの大切さ

 

 

私がメンターとして尊敬している樺沢紫苑先生の最新刊、

「精神科医が教える毎日を楽しめる人の考え方」を読みました。

 

 

 

 

この本のメインテーマは、「遊び」です。

 

 

ビジネス書で、「遊び」に特化した本は珍しく、

さらに、仕事よりも遊びを優先させるべきと、

言い切っているという点で、今までにない、発想を与えてくれます。

 

 

遊びが大切であることを説く本は他にもありますが、

仕事よりも遊びを優先したほうがいいと、説く本は、前例がなく、

チャレンジングな本であるがゆえに、新しい気付きを与えてくれます。

 

 

それでは、この本を読んで、私が得られた気付きをシェアさせていただきます。

 

 

2 入浴の効用

 

 

1つ目の気付きは、「入浴すると時間を得する」という点です。

 

 

私は、日頃から、効率的に情報収集したいと考えている人間でして、

スキマ時間に動画や音声から、情報収集をしています。

 

 

この延長線で、入浴しているときにも、

効率よく情報収集できないかと思い、以前は、

キンドルに防水シートをかぶせて、

入浴中に小説や漫画を読んでいました。

 

 

しかし、入浴中には、電子機器を風呂場に持ち込まない方がいいのです。

 

 

なぜならば、入浴を最も効果的にするには、

入浴中にリラックスすることに集中することにあり、

入浴中に電子機器を使用していると、視覚情報によって、

脳が疲労して、リラックス効果が軽減するからなのです。

 

 

 

 

入浴中は、徹底してリラックスすることが、

最も効果的な入浴方法なのです。

 

 

さらに、入浴してリラックスすることで、

睡眠を深めることができます。

 

 

これまでは、入浴する時間がもったいないと考えていたのですが、

入浴することで、睡眠を深めれば、疲労回復するわけで、

入浴の時間は、パフォーマンスを向上させるのに、

コスパがすこぶるよいのです。

 

 

入浴することで、仕事のパフォーマンスが向上するので、

入浴時間をおしむことなく、しっかりと、

入浴の時間を確保する必要があると学びました。

 

 

日常生活において、入浴時間をしっかりと確保し、

入浴中は、リラックスすることに集中します。

 

 

3 ちょい足し

 

 

2つ目の気付きは、「ちょい足しを楽しむ」です。

 

 

ちょい足しによる楽しみが増えれば、

日常生活に楽しみが増えていき、

幸せを実感しやすくなります。

 

 

この本の出版記念講演の動画を視聴した際に、

編集者の方が、納豆に、ももやのきざみしょうがを入れると、

さっぱりして美味しいとコメントしていました。

 

 

このコメントに触発されて、早速、スーパーできざみしょうがを買い、

納豆に、きざみしょうがを入れて、混ぜて食べると、味がさっぱりして、

確かに美味しさがアップしました。

 

 

このように、普段の食事に、何かの調味料を加えることで、

味が変化し、美味しいをより楽しめることを実感できました。

 

 

調味料で味を変えるという、一工夫が、

普段の食事を楽しいものに変えてくれるのです。

 

 

しかも、調味料は、安いので、楽しみを増やすのに、

コストはかかりません。

 

 

これからは、様々な調味料を試してみたいと思います。

 

 

4 目的意識

 

 

3つ目の気付きは、「目的意識をもって遊ぶ」です。

 

 

ようするに、スキマ時間にスマホをいじっていても、

人生を楽しめないということです。

 

 

 

私は、ついつい、スキマ時間ができると、

スマホを取り出して、SNSの投稿をみて、

暇つぶしをしてしまいます。

 

 

しかし、スキマ時間にスマホをみても、

「あぁ、楽しかっか」ですとか、

「充実したスキマ時間の活用ができた」

と思ったことは、ほとんどないです。

 

 

無目的にスマホを見ても、まったく楽しくないのです。

 

 

ここで問題なのは、「無目的」ということです。

 

 

目的があって、スマホをみるのは、時間効率がよく、

自分が欲しい情報にたどりつき、

その情報を得ることで楽しさを実感できます。

 

 

他方、無目的にスマホをみても、

ただただ、時間を浪費しているにすぎず、

楽しさも何もえられません。

 

 

スキマ時間にスマホをみるときは、

何の目的でスマホを見るのかを自問自答して、

無目的にスマホをみるのを制限してみたいと思います。

 

 

遊びにフォーカスすることで、逆に仕事を効率化できるという、

逆転発想をえられる面白い本です。

 

 

人生をもっと謳歌したい人にとっておすすめの1冊ですので、

ご紹介させていただきました。

 

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。